キッチン消耗

【100均】4種類のシリコンラップの使いやすさを比較検証!どれが使いやすい?サイズや素材を紹介

シリコンラップは使い捨ての食品ラップとは別物と思いましょう。蓋のない容器の密閉も短期間でしたら問題ないです。是非エコな生活に取り入れてみてください。

Tooko
ライター : Tooko
100均大好き。一児の母です。幼児教室の講師をしています。子供の成長を促すおもちゃ作りや、教材のアイデアを探しに、100ショップにはお世話になっています。好きな言葉は「コスパ」「アンチエイジング」です。



地球温暖化で世界的に災害が増えてきている中、持続可能な世界の実現を目指して、毎日の暮らしの中で捨てるものを減らし、資源を再利用していきたいものです。

今回は、そんなエコな生活がお家で取り入れることのできる、シリコーンラップのご紹介をさせていただきます。

100円ショップのダイソーとCAN★DOのシリコーンラップを2種類ずつ購入してみました。特徴や、使いやすさを検証していきます。

こんな方におすすめです。

✔使い捨てのラップがもったいないと思っている方
✔ラップの代わりになるリユースできるものを探している方
✔エコな生活を心がけたい方

シリコーンラップをみてみよう

粘着力がある

シリコーンラップってこんな感じです。普通のラップよりは厚めです。

小さくたためるほど柔らかい

思ったより粘着力があり、柔らかいです。

ダイソーのシリコーンラップ紹介

ダイソーシリコーンラップ
ダイソーシリコーンラップ商品説明

ダイソーシリコーン伸びLL(ダイソー大)

  • 材質 シリコーン樹脂
  • サイズ 20×20㎝
  • 耐熱温度 180℃
  • 耐冷温度 -10℃

ダイソーシリコーンラップ(ダイソー小)

  • 材質 シリコーンゴム
  • サイズ 15×15㎝
  • 耐熱温度 230℃
  • 耐冷温度 -30℃

(裏の商品説明を忠実に書きました。材質が 大はシリコーン樹脂、小はシリコーンゴムと記載されています。)

CAN★DOシリコンラップの紹介

Can DOシリコンラップ
CAN DO商品説明

CAN★DO シリコンラップ 大サイズ(セリア大)

  • 素材    シリコーンゴム
  • サイズ   22×22㎝
  • 耐熱温度  230℃
  • 耐冷温度  -20℃

CAN★DO シリコンラップ 小サイズ(セリア小)

  • 素材    シリコーンゴム
  • サイズ   16×16㎝
  • 耐熱温度  230℃
  • 耐冷温度  -20℃

ダイソーとCAN★DOのシリコンラップの比較

ダイソーとCAN★DOのシリコンラップを2種類ずつ購入して使ってみました。

サイズを比べてみよう

大きさ比べ

CAN★DOの方が大きいですね。

シリコンラップ対応の容器の直径

  • CAN☆DO 大 直径24㎝まで対応
  • CAN☆DO 小 直径18㎝まで対応
  • ダイソー  大 直径22㎝まで対応
  • ダイソー   記載なし

今回使用した容器の紹介

容器サイズ
四角いタッパー

上画像のタッパーは蓋が劣化して処分したのですが、容器が捨てられず使用しているものです。このタッパーに使い捨てラップを使用することがよくあります。

また、ボウル(直径18㎝)に使い捨てラップを使用することが多いです。これらの容器にシリコンラップがつかえたらいいな。と思って購入してみました。

シリコンラップはどんな容器に向いているのか、大きさと形状の違う容器で使用感をレポートします。





いろいろな容器にラップをして感じたこと

使いこなすのにはコツがいる

シリコンラップを容器と一緒に抑えながら伸ばして、容器に密着させるので使いこなすまで少し時間がかかります。特に大きな容器をラップするには少し戸惑います。

容器のふちに段差のあるものはラップしにくい

容器のふちが突起している形状のものはラップがしにくいことがわかりました。

ボウル直径23㎝ CANDO22×22㎝

CAN★DO大(22×22㎝)で直径23㎝の容器にラップをします。

24㎝までの容器にはラップ可と書いてありますが、時間がたつとはがれてしまします。ラップをした時にふちの下に空気の入る空間ができてしまうのが要因だと思います。

ラップ面が突起している容器

上の画像は、容器17.5×12㎝にダイソーシリコーンラップ大(20×20㎝)を使用したものです。

先ほどと同じように、タッパのふちが突起しているので、段差のところに空気が入りやや密閉に不安が、、。四隅の密閉が弱いことが画像からもわかります。

横に空気が入る 容器20×13.5㎝ Can★do大(22㎝×22㎝)シリコンラップ使用

上の画像はサツマイモをゆでたものをラップしたものです。上部がへこんでいるのがお分かりになるでしょうか?へこんでいることから密閉できていることがわかります。

同時に側面が容器と密着していないのもわかると思います。底に近い部分と底でラップと容器がくっついています。

素材の重みがあるので底に巻き込んだラップが上がってこないので蓋ができている状態です。

食品の短期間の保存はできますが、時間がたつとラップが剥がれてくるときもあります。また濡れているとくっつきにくくなります。

ふちの突起した形状の容器のラップをするには、商品説明の許容範囲の直径よりも容器のサイズが2㎝小さいものだと満足に使えそうでした。

ふちのない容器はぴったりラップができる

下の容器はふちが出ていないので空気の入る隙間がなく、しっかりラップができます。これには大満足です。 陶器のお皿には非常によくフィットします。

22㎝容器
22㎝容器

ふちのない特に陶器の容器には、使い捨ての食品ラップ同様の効果が期待できます。

※ラップの仕方が悪いと、時間がたつと剥がれているときがあります。

いろいろな使い方

商品の袋に記載されてた使い方

  • オープナー:瓶の蓋が空きにくい時に使用
  • 滑り止め:おろし金の下に敷いて滑り止め

野菜をラップしてみる

私は野菜をつつんでみました。うちは人参がよく余ります。

人参を包む ダイソーシリコンラップLL
人参を包んだ画像

野菜を包むらなら ダイソーのシリコーンラップのほうが柔らかいのでお勧めです。

どちらも 空気の乾燥からは防いでくれますが、やや緩んでくるので2,3日くらいで使いきるのがいいと思います。根菜の保存には充分役割を果たしていると思います。

ただ、包み込める大きさに限度はあります。画像のように小さめのものです。

買うならどれがおすすめ?

ダイソー小15×15㎝のシリコーンラップが一押しです。

メリット

ダイソーの小シリコーンラップだけなぜか素材感が違います。他と比べ特に柔らかいので、使い捨てラップに近い使用感が得られます。大満足です。

タッパー17,5×12㎝ ダイソー15×15㎝

ふちの突起しているタッパーでもきちんとふちに貼りついて密着します。

ボウル直径13㎝ ダイソー15×15㎝

ラップの目的を考えると、、、、空気にふれにくくして、水分が抜けて乾くことを防ぎ新鮮さを長持ちさせること。冷蔵庫や冷凍庫に保存したときの匂い移りを防ぐことです。

ラップが密着してることに越したことはないなぁと思います。

ボウル直径18㎝ ダイソー小ラップ

上の画像はボウル直径18㎝をダイソー小(15×15㎝)でラップしたものです。私はこちらを頻繁に使うので、しっかりラップされていてとてもうれしいです。

これもふちに段差があり、他のシリコンラップでは段差のところに空気が入るのですが、ダイソー小(15×15㎝)は柔らかい素材なのでぴったり蓋ができます。

時間がたっても ラップが剥がれることがほとんどありません。

デメリット

しかし、15×15㎝と小さく直径20㎝くらいの大きさの容器には使えません。
そしてなぜか商品説明に電子レンジ可の表示がないのが気になりました。

ダイソー大シリコーンラップには電子レンジ可がパッケージに書いてあります。

ダイソー小シリコーンラップは耐冷-30℃~耐冷熱230℃。温度の範囲内でと書いてあるのみです。CAN★DOの商品が耐熱温度と素材が同じなので電子レンジOKだなと判断できますが、記載がない事にやや不安が残るところです。





まとめ

サイズ別のおすすめ

  1. 直径18㎝までカバーだったらダイソー小シリコーンラップ(15×15㎝)がお勧め。
  2. 大きいものをラップする場合 CAN★DO大シリコンラップ(22×22㎝)がお勧め。
  3. 野菜を包むのだったらダイソーのシリコーンラップ

一押しはダイソー15×15㎝です。ただ、小さめなので次におすすめなのがCAN★DO大シリコンラップ(22×22㎝)です。
容器に密着できる面積=くっつきやすさになるからです。

使ってみた感想

ラップと聞くと使い捨てラップのイメージが頭に浮かびます。あのしっかりとした密着感で容器をラップし保存できる。
使い捨て食品ラップと同等の利便さを求めてはいけないのかな。というのが使ってみた感想でした。

シリコンラップの素材感は新しいものなのでそれに慣れる。

  • 繰り返し使用できる
  • 食品の乾燥・匂い移りを防ぐ
  • 食品の保存には向いている
  • 短期間の使用なら問題がない

ということが今回のレポートです。1~2日保存するくらいでしたら充分使えますよ。エコです!是非使ってみてください。

公式ネットストアでも購入できる?

公式ページ

ダイソーネットストアで調べたところ「シリコーンラップ」の掲載が確認できました(執筆時点)

公式ネットストアでは、まとまった数量の購入が必要となるケースが多い為、「まとめ買い」をする方向けとなっています。大手ショッピングサイトにも掲載されている場合がありますので、比較検討してみてはいかがでしょうか。

ショッピングサイト一覧

販売サイト 商品ページ
Amazon サイトを見る
楽天市場 サイトを見る
Yahoo!ショッピング サイトを見る

みんなの口コミ/参考情報

投稿削除の際はテキスト表示のみです
実際に使用した方々の口コミや参考情報などの投稿を集めてみました。
普段では思いつかないような活用法やアレンジを発見できるかもしれません。素敵な投稿ばかりですので参考にしてみて下さいね。

商品情報

販売元 ダイソー
商品名 シリコーン伸びラップLL 
販売価格 110円(税込)
JANコード 4549131239942
生産国 Made in china
販売元 ダイソー
商品名 シリコーン伸びラップ
販売価格 110円
JANコード 4549131947380
生産国 Made in china
販売元 CAN★DO
商品名 シリコンラップ(約22㎝×22㎝)
販売価格 110円
JANコード 4936181520289
生産国 Made in china
販売元 CAN★DO
商品名 シリコンラップ(約16㎝×16㎝)
販売価格 110円
JANコード 4936181520296
生産国 Made in china
※記事の情報や価格は執筆当時のものです。また掲載商品については予告なく廃番/仕様変更等が発生する場合がございます
※各店舗によって品揃えが異なり、在庫が不足している場合がございます、予めご了承ください




ABOUT ME
Tooko
Tooko
100均大好き。一児の母です。幼児教室の講師をしています。子供の成長を促すおもちゃ作りや、教材のアイデアを探しに、100ショップにはお世話になっています。好きな言葉は「コスパ」「アンチエイジング」です。
編集者
ミライシヤ編集部
ミライシヤは100均に特化した情報サイトです。各分野の専門家や様々な職種の方が独自の視点で100円ショップを活用し、日常生活をより快適・便利にするアイデアを発信しています。
関連記事