セリア

【100均】セリアでSuica(スイカ)使用できる?他の決済方法とは?【交通系IC】



昨今、現金派よりもキャッシュレス派が多くなったというデータも出てきている中(地域差あり)、100円均一ショップの電子マネー導入状況がどのようになっているのか。
今後はどのように展開していくことが予想されるか?
この記事では、上記を主に解説していきます。

100円ショップ「セリア」とは?

岐阜県大垣市に本社を置く100円ショップで全国に1787店舗を展開している、業界2位(現時点)の売り上げを誇ります。

ブランドプロミスは「color the days-日常を彩る」で「セリア」の店名はイタリア語で「真面目な」を意味します。

「お客さまの日常を彩るコトやモノとの出会いを、とことん真面目に追求すること」を大事にしているようです。

確かに、最大手の「ダイソー」はアイデア便利商品のイメージに対して、「セリア」はオシャレな商品が多い印象がありますよね!

現時点ではセリアの利用はできない

執筆時点ではセリアでのSuicaの利用はできないようです

身近な交通系ICが利用できないのは少し残念ではありますが、今後対応する可能性もありますので、期待ですね。

では、他のキャッシュレス決済方法や他100円ショップでのSuicaの対応状況について調査してきました。



そもそもキャッシュレスとは?

キャッシュレス決済とは、文字どおり「現金を使わずに支払いを済ませる方法」のことです。キャッシュレス決済の種類は、クレジットカードやデビットカードをはじめ、Suicaやnanacoなどの電子マネー、各種プリペイドカード、急速に普及が進んでいるQR/バーコード決済など、実に多種多様。

引用元:https://www.cr.mufg.jp/mycard/beginner/20022/index.html

例えばPayPayやクレジットカード、タイトルにもあったSuicaなどの交通系ICカードなどがあります。

お隣の韓国ではこのキャッシュレス決済の利用割合が90%を超えるなど現金を使わない生活になりつつあります。

日本では、高齢者や小さな商店等でまだまだキャッシュレス決済が浸透していないのが現状です。

キャッシュレス決済のメリットとしては、「支払い時の手間がかからない」「何に使ったか記録が残る」「ポイントが貯まりやすい」などがあります。

デメリットも?

逆にデメリットとしては、「導入されていない店舗がある」「支払い方法が様々あり統一化されていない」「デジタルに不慣れな方は使いにくさがある」などです。

100円ショップは日常的に頻度高く利用するものなので「手間がかからない」などのメリットを享受できることの方が多い気がします。

私自身もキャッシュレス派で財布は持っているけど、カバンからほとんど出さないことが多いです。

100円ショップは店舗数も増えておりフラッと立ち寄る機会が多いのでキャッシュレスでいきたいものです。

日本政府もキャッシュレス決済を推奨しており、ポイント還元率のアップや導入費用の補助などをしています。

そんなキャッシュレス決済の100円ショップの現状を見ていきましょう。

Suicaが使える100円ショップは?

100円ショップ業界大手「セリア」「ダイソー」「キャンドゥ」の中でSuicaが使えるお店は、「ダイソー」のみです。

ダイソーはここ数年間でPayPayとのキャンペーンやセルフレジの導入などキャッシュレス決済に前向きに取り組んでいます。

現在ではほとんどの店舗でSuicaをはじめ電子マネーの利用が可能です。

Suicaであればチャージ式てクレジット機能がないものがほとんどのため、未成年の学生さんもコンビニで商品を買ったりなどキャッシュレス導入の一歩目になりやすいのではないでしょうか?

Suicaが利用できれば、電車を降りるときに出したパスケースを手に持ったまま100円ショップへなんてこともできます。

しかし、現状それが可能なのは「ダイソー」だけのようです。

セリアでの支払い方法は?

セリアでの支払い方法は基本的に「現金」のみです。

クレジットカード、QRコード決済などいずれの電子マネーも利用できません。
しかし、例外もいくつかあります。

例外1

大型ショッピングモール(イオン、イトーヨーカドーなど)内のセリアに関しては電子マネーの利用が可能になっている場合があります。

例外2

セルフレジ導入店舗
少しずつではありますが、セリアでもセルフレジの導入が進められています。

しかし、注意が必要なのがこのセルフレジではSuicaなどの交通系ICカード、クレジットカードは利用できますが、

PayPayなどのQRコード決済は利用できません。

田舎の方ではスーパーに併設された「セリア」をよく見ます。

まさに主婦の味方ですね。しかし、そういった店舗は例外1には当てはまらないようで、セルフレジが導入されていない店舗では現金のみしか使えません。

セルフレジ導入店舗が増えているということは、今後拡大されて使える店舗が増えていくことが期待できます。

まとめ

セリアでの支払い方法は基本的に「現金」のみです。クレジットカード、QRコード決済などいずれの電子マネーも利用できません。

例外もあり、大型ショッピングモール(イオン、イトーヨーカドーなど)内のセリアに関しては電子マネーの利用が可能になっている場合があります。

また、セルフレジ導入店舗が少しずつ増えておりSuicaなどの交通系ICカード、クレジットカードは利用できるようになっていますので、今後のキャッシュレス対応に注目ですね!

※記事の情報は執筆当時のものです
※各店舗によって対応状況は異なる場合がございますので、再度ご確認をお願い致します

ABOUT ME
みんなのコラム
みんなのコラム
100円ショップに関するお役立ち情報やちょっとした豆知識などを読み物コラムとして発信中!
編集者
ミライシヤ編集部
ミライシヤは100均に特化した情報サイトです。各分野の専門家や様々な職種の方が独自の視点で100円ショップを活用し、日常生活をより快適・便利にする情報を発信しています。