DIY プロモーションを含みます

【100均】吊り下げ収納でキッチン用品がスッキリ!ネオジウムスチールフックの活用法【セリア】

ふじかず
ふじかずライター
27歳の会社員。
片付けのコツを中心にnote,インスタグラムで情報発信しています。
最近は流行りの「断捨離」で、家の中のミニマリズム化に挑戦中!

今日、ご紹介する商品はスプーンやフォークから手鍋などの様々なキッチン用品を、いつでも取り出しやすく、スッキリ片付けることができるすごいアイテムです!

浮かせる収納にピッタリのネオジム磁石スチールフックです。早速商品を説明します。

商品について

製品概要

まずは、こちらの製品概要について紹介します。

商品名 ネオジム磁石スチールフック吊り下げ用 1個入
価格 110円
原産国 中国製
大きさ 縦 30mm  横 15mm
実際の商品写真

このようなパッケージで販売されています。

DIYコーナー

ちなみに、「DIY」の売り場にこの商品がありました。ほとんどの店舗で取り扱っているため、商品が見つからない場合はスタッフに聞いてみてください

フックだけでもこんなに!

100均には、他にもかなりの種類のフックの取り扱いがありました。

ここがすごい!

重たいものまで吊り下げます

この商品のすごいところはなんといっても、磁石の力が非常に強いところです!

パッケージのイメージには、おたまやミキサーを吊り下がっていますが、吊り下げ時の最大保持荷重は1.5kgのため、こんな小さいのにフライパンや手鍋など、比較的重たいキッチン用品まで吊り下げることができちゃいます!!

商品利用時の注意

ネオジム磁石は、一般的な磁石の10倍の磁力があるため、スマートフォンなどの電子機器のそばには絶対に置かないようにおい願いします。破損の原因となります。

②商品自体が小さいので、小さなお子様がいらっしゃる方はお子様の手の届かない場所での利用をお勧めします。誤飲や、ネオジム磁石同士の接着によるケガの原因となります。



商品の使いかた

キッチンでの使い方

※側面にフックを取り付ける場合は軽いものを取りくけください

使い方はシンプルで、写真のように換気扇に吊り下げるように取り付けて利用します。

吊り下げるのが難しい場合は、側面に取り付けて利用するのもOKです!

あとは、吊り下げたいキッチン用品の数に応じてこちらの商品を購入し、適宜間隔をあけて吊り下げるだけです!

カトラリーを並べた際の画像

吊るすことによるメリットとしては、今までは、スプーン、フォーク、おはしなど、ごちゃごちゃになっており、取り出しにくかったものが、吊るすことでいつでも取り出すことができます!!

キッチン以外での使いかた

トートバッグをかけておくと、ちょっとした買い物などに便利!

キッチン以外での使い方としては、家のドアに取り付けて利用する使い方です!

特に便利なのはキーケース、トートバッグ、マスクなど日常でよく使うものを吊るすのがおすすめです。

横に吊るす際のポイントとしては、S字フックを活用すると、吊るしやすくなります

フック×フックで使いやすさ倍増!

ドアや壁などに取り付けた場合は、吊り下げ時よりも最大保持荷重が0.5kgとなり、弱まるので、横に吊り下げるときは比較的軽いものを吊り下げてください



さいごに

今回はキッチンを中心に案内しましたが、すごくシンプルな商品ですので、キッチン以外にも洗面所やおうちの外回りなど、いろんな用途で使えるのがこのスチールフックの最大のメリットです!

皆さんなりの使い方を見つけてこの商品を最大限に活用しましょう!



商品情報

販売元 セリア
商品名 スチールフック【吊り下げ用】
販売価格 110円(税込)
JANコード 4571336080838
生産国 Made in china
※記事の情報や価格は執筆当時のものです。仕様変更等により情報が古くなっている場合がございます
※各店舗によって対応状況や品揃えは異なりますので、再度ご確認をお願いします

ABOUT ME
ふじかず
ふじかず
27歳の会社員。 片付けのコツを中心にnote,インスタグラムで情報発信しています。 最近は流行りの「断捨離」で、家の中のミニマリズム化に挑戦中!
編集者
ミライシヤ編集部
ミライシヤ編集部は実際に勤務している100均スタッフや日頃から100均を利用しているメンバーで構成されています。「便利な100均アイテム」や「暮らしを快適にするお役立ち情報」など日常生活が少しでも楽になる発信を心がけています。
関連記事
アウトドア

【100均】夏の定番ドリンクボトル!かさばらず子供にもピッタリなセリアの「ミニボトル(180m)」は超コンパクト!

2021年4月6日
MIRAISIYA (ミライシヤ)
コロナ禍で気が抜けない状態ですが、レジャー施設もそれぞれ感染拡大の工夫に力を入れています。 密を避けながら安心して楽しめる様になってき …