ダイソー

【100均】機械いらずで簡単!手貼りラミネートフィルム!便利な使い方やコツをレビュー【ダイソー】

皆さんは「ラミネート」ってご存知ですか?

クリアファイルみたいな物に挟んでから、ラミネート機に通したら、両面が硬質加工されて出てくる……
普通の紙や写真が、ラミネート加工しただけでちょっと高級感が増すアレです!!

印刷物などの紙の保存性を高めるために、フィルムでカバーで表面保護をして汚れや劣化を防止する加工のことです。

汚したくないステッカーや、小さめのサイズの写真などなど。

家でも簡単にラミネート出来たら良いのですが、ラミネート機って値段がピンキリ簡単には手を出しづらい。。。

そんな高価なラミネート機を使わずに、100均商品でも簡単にできちゃうんです!!

今回はダイソー商品の「手貼りラミネートフィルム」についてご紹介していきたいと思います。

【徹底解説】手貼りラミネートフィルム

今回ご紹介するのは、名刺サイズ対応している手貼りラミネートフィルムです。

手貼りラミネートフィルム(対応サイズ:名刺)

他にも以下の写真のようなサイズ展開がありました!

対応サイズ:B6、A5、B5

そこまで規模の大きい店舗に行った訳ではありませんが、こんなに種類があってビックリしました。

対応サイズ:B5、A4、A3

どの種類も110円(税込)です。

サイズが大きいものは綺麗にできる自信が無かったので(笑)
今回購入した名刺サイズ対応のものは、まずはお試しで買うのに1番適しているなと思います。

ラミネートフィルムのスペック

中身はこんな感じ
対応サイズ 名刺(5.5cm × 9.1cm)
容量 10枚入り
説明書 パッケージ裏面に記載
材質 PET

ラミネートフィルムの仕様

このラミネートフィルムは、片面が粘着面で、その上にフィルムが重なっています。

フィルムには粘着機能は無いので、挟む物の周りに少し余白を残すことで、その余白部分の粘着面とフィルムがくっつき、両面がカバーされる仕組みです。

裏面に説明書あり

粘着部分を実際に定規で測ってみると対応サイズより一回り大きい、6.5cm × 10.4cmでした。

なので、対応サイズを元に挟むものを選ぶと失敗は無いかと思います!!

ラミネートフィルムの特徴

透明さがすごい!!

真っ透明すぎて、写真を撮る時に反射するぐらいとてもクリアです!

なので、加工したい物の色調雰囲気を壊す事なくラミネート出来るのが魅力的です!
税込110円のクオリティとは思えないですね!



【活用例3選】Let’s ラミネート!!

名刺サイズのものを活用したアイデア3選をご紹介したいと思います。

活用例①  汚したくないステッカー

今回はステッカーが無かったのでシールで試してみました!!

大事なステッカーをラミネート加工!好きな歌手のコンサートや、イベントに行くとグッズでステッカーを買えたりしますよね!!

または超お気に入りのアニメキャラクターのステッカーなど。

そういう物は絶対汚したくない!!
そんな時にラミネートをすると、汚れや劣化を防げます。

ラミネート自体ははさみやカッターで簡単に切れるので、台紙の形に沿って切り取ることも可能です。

活用例②  ミニアルバム作り

友達へのプレゼントに一工夫

このようにミニアルバムを作ってみるのもいいかもしれません!

作り方

  1. ラミネート出来る大きさの紙に写真を貼る
  2. コメントなどを書いてラミネートをする
  3. 穴あけパンチで穴を開けて、リボンで綴じる

※今回は写真ではなくイラストにしています。

ラミネートをすると、ペラペラの紙でも割と丈夫になります。
ちょっとやわらかい下敷きくらいの硬さです。

アルバムなど、ずっと残しておきたい物を加工するのも1つのアイデアです!

活用例③  毎日のTodoリスト

これで絶対忘れない!

こちらはTodoリストです。

ラミネート加工をした上からだと、実はホワイトボードマーカーが使えちゃうんです
繰り返し書き込めるので、とっても便利!

毎日決まってするルーティーンをリストにして、チェックリストにするのは結構おすすめです(私も活用中♪)



まとめ

「手貼りラミネートフィルム」を使用した実感は・・・?⬇️

  • 手順が難しくなく、簡単にラミネートができる
  • ハサミで切りやすいので、様々な形のものに合わせて加工OK
  • 100均商品とは思えないほど作りがしっかりしている
  • 気泡やホコリが入らないようにするのは難しい
  • サイズが大きくなるにつれ難易度が上がっていきそう
  • 挟む物の大きさがギリギリだと剥がれてしまう

しっかり説明書の通りに手順を追えば簡単に出来ますが、気泡やホコリを0にするのは至難の業です。。。

できるだけ気泡を少なくするために、定規で気泡を押し出しながら作業するのがオススメです!!

ラミネート機を使えば綺麗にできるのはもちろんですが、今回、手貼りのラミネートフィルムを使用してみて、この商品でも十分代用可能だと思いました。

活用例を紹介するにあたって、容量10枚のうち、失敗も含めて6枚のフィルムを使いました。

2枚目からは簡単にラミネートが出来たので、コツをつかむとうまく貼ることができると思います。

サイズも色々と展開されているので、今後も家でどんどん活用していきたい便利アイテムです!

みんなの口コミ/参考情報

@io_yaibaさんはウォーターボトルに張り付けて、オリジナルなボトルを作っています。自分の好きな絵柄で作ってみるのも楽しいですね♪平面ではないので、貼るのは難しそうです(;´∀`)
ラミネートで保護するのは紙だけじゃないんですねー。水筒って外で使うことが多いから傷つきやすいので、こんな保護の仕方もあるのは驚きです!

ネットで買える関連商品

商品情報

販売元 ダイソー
商品名 手貼りラミネートフィルム
販売価格 110円(税込)
JANコード 4549131986327
生産国 Made in China
※記事の情報や価格は執筆当時のものであり、掲載商品については予告なく廃番/仕様変更等が発生する場合がございます。
※各店舗によって品揃えが異なり、在庫が不足している場合がございます。予めご了承ください。
ABOUT ME
ぽてち
ぽてち
目的なしに入店しても気づいたら商品を買って帰ってしまう、100均LOVEなフリーライターです! 趣味は100均巡り、文房具集め。
Twitterのフォローお願いします!
ミライシヤ編集部
miraisiya(ミライシヤ)は未来を視野に入れた選択をサポートする100均メディアです。 多数のライターが独自の視点で100均アイテムを紹介し、読者様の「より快適な暮らし」の手助けとなる情報を発信しています。
\ Follow me /
あわせて読みたい関連記事
Amazonの「聴く」読書 最初の1冊は無料!
今すぐ聴こう