DIY プロモーションを含みます

【100均】発送コスト削減にはこれ!ダイソーの段ボールサイズ調整カッターをレビュー

たいめし
たいめしライター
毎週必ず100均で買い物を楽しんでいます!
SNS等で最新情報をキャッチしながら、日用品〜ガジェット系まで幅広い商品を購入しています。優柔不断な性格上、閉店ギリギリまで悩んでしまう事もしばしば(汗)

ここ最近、断捨離を行う際に不用品を捨てるのでは無く、メルカリやヤフオクを利用してお片付けをしている方は多いのではないでしょうか。

私自身も着なくなった古着や結婚式の引き出物や、使わなくなったゲームなどをメルカリで売ることがよくあります。

ですが、配送に使う段ボールは中身とサイズが合わないこともしばしば。そんな時に見つけたのがこの「段ボールサイズ調整カッター」です。

ダイソーセラミックカッター
【100均】超コンパクトなダイソーの「セラミックカッター」切れ味や安全性、特徴を徹底解説♪段ボールを解体したり、袋をあけたり、書類を切ったり。 仕事でも家事でも、出番が多い文房具のひとつが「カッター」です。 ネットショ...

段ボールのサイズのセルフカット

カッターではサイズ調整が難しい・・・

メルカリやヤフオクに出品していたものが売れると、当然ながら購入いただいた方に配送する作業あります。

スーパーで無料で貰える段ボールや、通販で購入した際に出る段ボールを利用して商品の箱詰め作業を行いますが、サイズもバラバラで、ぴったりサイズのものはほとんどありません

今まではカッターを駆使して丁度よいサイズに段ボールをカット・調整していたのですが、ズボラな性格上、大雑把にカットして形がいびつになってしまうことが良くあります。

そんな時ダイソーで見つけたのが「段ボールサイズ調整カッター」です。しかも税込み110円でした。

TVでも紹介されて、店舗では品薄になるほどの人気商品です。これは便利なものをみつけたと思い、早速購入いたしました。それでは、さっそく使い方をご紹介していきます。



段ボールサイズ調整カッターの紹介

外観チェック

普通のカッターと同じくらいのサイズ

全体のサイズを計ってみると約18㎝ぐらい。ただ、実際に調整できるサイズは12㎝となるので注意です!

かなり軽いです

重さは約22g。

パッケージ裏面

パッケージの裏面に詳しい使い方が掲載されています。ご使用前にご一読をおすすめします。注意点として、四隅のカットに別途カッターが必要です

本音を言うと、この一本で全て完結出来るとさらに便利だったのですが、中々難しいですよね。

構造はいたってシンプル

小さい△の刃がついています

段ボールを切る刃にカバーがついているので、半透明のカバーを開きます。

90度に開きます

白い部分の可動パーツを上下に動かし、刃を段ボールの内側の折り目をつけたい高さに合わせます。

カバーを90度開き本体のを溝にはめ込みます。これで高さの固定が出来ます。ちなみに溝は5mm刻みになっており、細かい高さ調節が可能になっています。

グサ・・・

そのまま段ボールに沿わせて、横にスライドさせていきます。

切れ目をいれたところ

この刃がすごく良い仕事をしてくれて、ほどよい力でスライドすると「段ボール折り目」部分だけ切ることができるんです!

きれいに折り曲がります

自分でカッターで切っていたときは切りすぎてしまうことが多かったのですが、真横にスライドさせるだけで簡単に折り目を付けることができます

紙の厚さによっては刃が貫通してしまうので、そこそこの厚みがある物でないと使用は難しいです。



Amazon 段ボールで使用してみた

半分の大きさにサイズ調整

おなじみのAmazon段ボール

恐らくどの家庭にもYAMAzonになっているであろうAmazon段ボール

今回はこの段ボールを使って高さのダウン調整を行ってみました。

使用時のコツ

固定したところ

まずは先ほどの要領で、刃を段ボールの四辺に同じ高さの刃でつけ、そのまま横にスライドさせましょう。

Amazonの段ボールはしっかりとしているので、力強くスライドさせるのがコツ。ゆっくりスライドさせると、どうしてもズレが発生し歪んだ線になりやすかったです。

刃が届いていない部分はかるく切り込みをいれます

端までスライドしたいのですが、やり方が悪いのか端から数センチが残ってしまいます。恐らく本体分が残ってしまうのかと。。

なので、カッターで横線に合わせて切り目を入れて調整することにしました。

四隅はカッターで切ります

四隅の角部分は普通のカッターで、折り目がついているところまで切る必要があります。切りすぎてしまうと、余分な隙間が生まれてしまうので慎重に切って下さいね。

注意点

きれいに折り曲がりました!

画像をみると分かりやすいですが、段ボール紙の内側だけに切れ目をいれて折り曲げています。スライド時に紙を全部切り落とさないよう力の調整は必要です。

またぱっと見、刃が小さいので危険度が低いように見えますが、刃の部分は鋼になっているので、取り扱いや保管には十分注意して下さい。



完成後

満足の出来栄え!!

思っていたよりも、簡単に調整はできました!

今までかかっていた作業時間と手間を大きく減らすことが出来る、素晴らしい商品だと思います。

後は刃の切れ味がどの程度、持続するかは気になる点ですが、税込み110円ということもあり定期的な買い替えがしやすいのは良いですよね。



売り場はどこ?

カッター売り場か、配送グッズがまとめられているコーナーに陳列されています。
(現在、かなりの人気商品で品薄状態のようです。)

カラーはグレーと黒の2色ありました。



まとめ

フリマ生活の必需品のなりそう

使用してみた結果、思った以上の仕上がりに大満足です!

段ボールで丁度良いサイズが無く、仕方なく大きな段ボールに入れて送料が高くついた経験はあるのでは無いでしょうか?

メルカリやヤフオクを利用している方には是非、使用してもらいたい商品です。ぜひ試してみて下さいね。



商品情報

販売元 ダイソー
商品名 段ボールサイズ調整カッター
販売価格 110円(税込)
JANコード 4549131976441
生産国 Made in china
※記事の情報や価格は執筆当時のものです。仕様変更等により情報が古くなっている場合がございます
※各店舗によって対応状況や品揃えは異なりますので、再度ご確認をお願いします

ABOUT ME
たいめし
たいめし
毎週必ず100均で買い物を楽しんでいます! SNS等で最新情報をキャッチしながら、日用品〜ガジェット系まで幅広い商品を購入しています。優柔不断な性格上、閉店ギリギリまで悩んでしまう事もしばしば(汗)
編集者
ミライシヤ編集部
ミライシヤ編集部は実際に勤務している100均スタッフや日頃から100均を利用しているメンバーで構成されています。「便利な100均アイテム」や「暮らしを快適にするお役立ち情報」など日常生活が少しでも楽になる発信を心がけています。
関連記事