ダイソー プロモーションを含みます

【100均】ケーブルまとめるならコレだ!スーッとまとまる簡単コードチューブ(スライドタイプ)【ダイソー】

れいちぇる
れいちぇるライター
3児の母。一人で100均をウロウロしながら生活について考える時間が息抜きです。商品を見ながらインスピレーションを得ることがもはや趣味。

やっと!やっと見つけたんです!何か月探したことか。

世の中には複数のコードを簡単にスーッとまとめられるものがあるというのです。
クルクル巻くのではなくてです。

でも、プロが使う用だそうで高いし、必要以上に長い!

百均大好きな筆者は、そんなときはもちろん、百均で探します。
ダイソーにある、という情報は得たものの、どの店舗を探してもなかったのです。

諦めていたそのとき…やっと出会えました!

簡単コードチューブ発見!

よくあるのは左側のものですが、欲しかったのは赤いパッケージのもの

「簡単コードチューブ スライドタイプ1.5m」

色はグレーとブラックがありました。もしかしたら他の色もあるのかもしれません。電気小物コーナーに陳列してあります。



簡単コードチューブとは

使い方

パッケージの使用方法

よくあるコードチューブは、クルクルと巻いていくのですが、この商品は、

  1. 付属のクリップでコードを挟み
  2. そこへチューブを差し込み
  3. スライドする

これだけなんです!クルクルクル、と巻く時間も手間も、要らないのです。

サイズや仕様

長さは1.5mです。内径約16mm

目安としては、USBコードなどは3~4本、家庭用電気コードなどは2本です。

ポリエチレン製。税込み110円です。



簡単コードチューブを使ってみた

実際に使ってみます

筆者宅で困っていたのは、パソコン周りです。

Before ごちゃごちゃのコード

百均のバーベキュー網をCの字型に曲げて、机に引っかけて、コードを乗せています(曲げすぎて端が折れました)

そんな涙ぐましい努力はしているものの、ごちゃごちゃして見た目が悪いし、掃除もしづらいです。

4本のコードをまとめます

パソコンの電源、アース、外付けのスピーカー、これらのコードをまとめたいと思います。

開封しました

コードチューブを開封します。

付属クリップ

このクリップがいい仕事をするらしい。

挟んだところ

コードをまとめて挟み、

チューブをスライド

チューブをセットしてスライドします。スムーズにスライドしていくのが快感です。

長すぎる部分は簡単にハサミで切ることができます。

できました

早っ!あっという間に完成です!

使い方に工夫が必要なところ

しかし、不器用な筆者は、実は途中で困りました。

はみ出します

途中からコードがバラけます(泣)。使用目安よりまとめたいコードが太かったのもあります。

これは、途中から1本だけコードを分けたいときにはありがたい機能です。
作業をやり直したり、付け替えたりするときにも、外れやすいことは役立ちます。

でも一度はみ出すと、パリパリパリっと裂けて出てほしくないところまで出ます。

外れてほしくないところは、同系色のマスキングテープなどで留めるといいかもしれません。

すっきり完成

Beforeはこちら。

Before
After まとまりました

もう一か所、残りのチューブでまとめたらちょうど使い切りました。

後からまとめた方は、細目で済んだので、途中でバラけることもありませんでした。

すっきり具合が一目瞭然で違います!これで床にバラバラと落ちてホコリまみれにもなりません。



まとめ

簡単コードチューブの魅力

  • 簡単にコードをまとめることができる
  • やり直しも簡単

耐久性だけはまだわからないのですが、チューブ自体はペラペラ感がなく厚みがあったので、室内の使用であれば問題なく使えると思います。

百均でコードをまとめるならこれ一択です!これはもう激推し!



商品情報

販売元 ダイソー
商品名 簡単コードチューブ
販売価格 110円(税込)
JANコード 4549892380761
生産国 Made in China
※記事の情報や価格は執筆当時のものです。仕様変更等により情報が古くなっている場合がございます
※各店舗によって対応状況や品揃えは異なりますので、再度ご確認をお願いします

ABOUT ME
れいちぇる
れいちぇる
3児の母。一人で100均をウロウロしながら生活について考える時間が息抜きです。商品を見ながらインスピレーションを得ることがもはや趣味。
編集者
ミライシヤ編集部
ミライシヤ編集部は実際に勤務している100均スタッフや日頃から100均を利用しているメンバーで構成されています。「便利な100均アイテム」や「暮らしを快適にするお役立ち情報」など日常生活が少しでも楽になる発信を心がけています。
関連記事