ダイソー PR

【100均】小さいのに本格的!コスパ最高のビンゴマシーンでパーティを盛り上げよう【ダイソー】

たいめし
たいめしライター
毎週必ず100均で買い物を楽しんでいます!
SNS等で最新情報をキャッチしながら、日用品〜ガジェット系まで幅広い商品を購入しています。優柔不断な性格上、閉店ギリギリまで悩んでしまう事もしばしば(汗)

年末年始にかけてイベントやパーティの機会が増えてきますよね。

そこで今日ご紹介するのは、ダイソーで販売されている手回し式でマシーンから当たり球を出すことができる、ビンゴゲーム用のマシーンです。

マシーンを手回しして、転がり出た球にプリントされた数字をビンゴゲームの際に読みあててゲームを進められるので、ビンゴゲームが盛り上がります。

ビンゴカードもセットになっていますので、商品を購入すれば、他に何かを買い足すことなく、ビンゴゲームを楽しめます。

200円ビンゴマシーンの紹介

パッケージ

しっかりした箱に梱包されています

220円の商品です。ただ、お値段以上のクオリティはある商品だと思います。

パッケージ裏面

遊び方や注意点の記載があります。使用する前にご一読を。

内容物

パッケージ
  • 本体A:1個
  • 本体B:1個
  • ボール:90個
  • ビンゴカード:12枚

スペック

  • 価格:200円(税込220円)
  • カテゴリー:玩具・パーティー・スポーツ
  • 原産国(地域):中国
  • 材質:ポリスチレン 紙
  • 商品サイズ:14×12×11.5cm



ビンゴマシーンの下準備

本体の組み立て

セット内容

こちらがセット内容です。組み立て式の本体を構成する部品と、数字を印字した球、ビンゴカードがセットになっています。

球体の溝と突起を合わせます

まず本体を組み立てます。マシーン本体は、ボールを入れるためのオレンジ色の球体と、球体を支えるための黒い土台のパーツを組み合わせるだけなので、すぐに組み立てが完成します。

組み立ては簡単!

しっかり固定して完成です。

組み立て完成!

ボールの取り外し

取り外す前のボール

こんな感じでボールが入っています。

90までのボール

90までの数字のボールがセットされています。

簡単に手で取り外しできます

プラモデルの部品のようにシート状に留めつけられていて、球の部分をねじって取り外します。1つずつゆっくり外していきましょう。

紛失注意!

転がって紛失しやすいので、外したボールは容器に保管することをおすすめします。

ビンゴカード

つながった状態のビンゴカード

ビンゴカードは12枚セットです。

よくあるビンゴカードとちょっと違いますが・・・

数字がランダムに記載されています。

数字が一致したら、折り曲げます

出た数字をこのように折り曲げて使用します。



ビンゴマシーンの使い方

マシーンにシートから外した球をセットして手回し部分を回すと、球がランダムに出てきます。

この穴からボールを入れます

こちらの穴からボールを中にセットします。

適度な勢いをつけて回します

ハンドルをくるくるっと回します。

マシーンから球が出にくいことがあるので、なるべく勢いをつけてスピード感を持って回すのが上手に使うポイントです。

ここにボールが出てきます

ボールが1つ出てきました。

ボールの置き場

下部分が折りたたみ式になっています

ビンゴマシーンの土台は降り畳み式になっています

ボール置き場もしっかり完備

土台を広げると、当たり球を入れるくぼみが並んだシートになっていて、綺麗に球を並べて効率よくゲームを進められます。

穴に数字が書いてあり、そこにボールを配置します

転がりやすい球をしっかり安定させて置けるくぼみが付いていて、それぞれのくぼみの横に数字が印字されているので、球の数字と土台の数字を一致させて収めるようにしましょう。


ビンゴカードについて

ダイソーにあるビンゴカード

カードがなくなったら?

付属の12枚のビンゴカードを使って、すぐにゲームをプレイして遊ぶことができます。

ビンゴカードが足りなくなったら、ダイソーで販売しているビンゴカードを購入すれば、何度でもビンゴゲームを楽しめます。

60枚入りのビンゴカードが100円(+税)で数種類販売されているので、うまく活用して、パーティや宴会のビンゴゲームを盛り上げてください。

ビンゴの数字について

ダイソーの200円ビンゴマシーンのボールの数字は、1番~90番まであります。

一般的なビンゴゲームは、数字が75番までのことが多いようです。より多くの数字の球が入っているので、使用している数字が多いイレギュラーなビンゴシートであっても、対応しやすくて便利です。

75番までの数字しか使わない場合は、ゲームの開始時に球をセットする際に、76番以降の球を入れずに準備をすれば大丈夫です。


メリット・デメリット

梱包されているビンゴカード
  • 基本的な構造が分かりやすく、取り扱いがしやすい
  • コンパクトな手のひらサイズなので、収納しやすい
  • ビンゴカードを買い足せば、パーティや宴会のたびにマシーンを繰り返し活用できる
  • ビンゴカードの数字が3×9の並びになっていて、オーソドックスなものとは異なる
  • 球をひとつひとつセットする手間がかかって、面倒
  • 普通に手回しをしても球が出てこないことがあり、出し方にコツが必要



まとめ

コスパ最高のパーティグッズ

ダイソーの 「200円ビンゴマシーン」は、ビンゴマシーンとボール、ビンゴシートがセットになった商品です。

付属のビンゴシートを使い切ってしまった場合は、ダイソーで販売しているビンゴシートを買い足すことで、何度でもゲームをプレイできコスパも問題なし

大がかりなビンゴマシーンを準備するのは大変ですが、こちらの商品は携帯のしやすいコンパクトなサイズなので、ホームパーティや宴会などでビンゴゲームをする際に大活躍してくれます。

ネットで買える関連商品



商品情報

販売元 ダイソー
商品名 200円ビンゴマシーン(BINGO)
販売価格 220円(税込)
JANコード 4947678911046
生産国 Made in China
※記事の情報や価格は執筆当時のものです。仕様変更等により情報が古くなっている場合がございます
※各店舗によって対応状況や品揃えは異なりますので、再度ご確認をお願いします

ABOUT ME
たいめし
たいめし
毎週必ず100均で買い物を楽しんでいます! SNS等で最新情報をキャッチしながら、日用品〜ガジェット系まで幅広い商品を購入しています。優柔不断な性格上、閉店ギリギリまで悩んでしまう事もしばしば(汗)
編集者
ミライシヤ編集部
ミライシヤ編集部は実際に勤務している100均スタッフや日頃から100均を利用しているメンバーで構成されています。「便利なアイテム」や「100均を快適に利用できる情報」など日常生活が少しでも楽になる発信を心がけています。
関連記事